トップへ » 当院の治療の特徴 » なるべく削らない治療 » 負担が少ない治療 M.I.(ミニマルインターベンション)

負担が少ない治療 M.I.(ミニマルインターベンション)

「医療行為でやむなく生まれるデメリットをなるべく小さなものにする」という考え方を「M.I.(ミニマルインターベンション)」と呼んでいます。

ミニマムインターベンション歯科治療での「M.I.(ミニマルインターベンション)」とは、「できるだけ削らない、切らない」ということになります。

例えば、歯のミゾに点状の虫歯ができた場合、従来なら虫歯が広がるのを防ぐために、ミゾになっているところをすべて削り銀歯などに代えてきました。しかし「M.I.(ミニマルインターベンション)」の考え方は違います。

「M.I.(ミニマルインターベンション)」の考えに沿うなら、その点状の虫歯の部分のみを正確に削り、その形で充填できる材料を使って治療することになります。こうすれば、歯の健康な部分をそこなうことなく残せるからです。

つまり、「M.I.(ミニマルインターベンション)」とは、最小の治療で最大の結果を出すこと。

「M.I.(ミニマルインターベンション)」を心がけている当院では、常に「どのような治療を行ったら、身体への負担が最小限になるかを考えながら治療しています。どんなに歯科医学・材料が進化しても、自分自身の健康な歯や歯ぐきにまさるものはありません。自分自身の歯、組織を少しでも多く残すこと。それが健康な歯を維持することにつながり、不自由しない食生活を保つ秘訣だと考えています。


トップへ » 当院の治療の特徴 » なるべく削らない治療 » 負担が少ない治療 M.I.(ミニマルインターベンション)


PAGE TOP