トップへ » 当院の治療の特徴 » 痛みの少ない治療

痛みが少ないのは当たり前です

当院の大きな特長として挙げられるのは、次の3つです。

●痛みのない治療
●削らない治療
●心理的負担・肉体的負担の少ない治療

痛みのない治療

それぞれが、お伝えしたい重要なポイントですから、順番にお話してゆくことにしましょう。ここでは、まず「痛みの少ない治療」から、ご紹介します。

また痛みの少ない治療は麻酔だけではありません。


●ミニマル・インターベーション
●接着ブリッジ

などによっても可能となります。

「なるべく削らない治療」はこちら

痛みの原因はどこからくるの?

まず皆さんに知っておいて欲しいことは、歯科治療は痛くない、ということです。歯科医院というと、どうしても痛いところ、長居をしたくないところ、そんなイメージがあるかも知れません。でも、それは過去のイメージだと知って欲しいのです。

痛みの原因はどこからくるの?では、過去の歯科治療において、そもそも痛みの原因はどこにあったのでしょうか。

それは、治療の痛みを抑えるためにおこなう「麻酔」の段階で生まれる「痛み」でした。こう言うと、「え? 麻酔は、痛みをとるためにおこなうものではないの」と思われるかも知れません。

その通り、確かに「痛くない治療」をおこなうために麻酔はあります。ところが、この麻酔をおこなう際の注射が痛かったのです。

痛くない麻酔の技術

でも、ご安心ください。いまでは、「痛くない麻酔」をおこなう技術が進んでいるため、本当の意味で「痛くない治療」がおこなえるようになっています。

痛くない麻酔の技術麻酔をおこなう際に感じる痛みには、いままで次の2つの段階がありました。

●歯ぐきに注射針をさすとき
●麻酔液を注入するとき

の二つです。

この二つの段階で生まれていた痛みを解消できれば、「痛くない治療」が可能になりますし、患者さんがいだく心理的・肉体的負担もうんとらくになるでしょう。

そこで、考えられたのが「2段階麻酔」です。当院の「痛くない麻酔」は、次のようにおこなわれます。

1)表面麻酔を使う
まず、麻酔を打つ部分に麻酔薬を塗ります。これを「表面麻酔」と呼んでいますが、これは塗り薬なので当然ですが痛みはありません。「表面麻酔」の目的は、麻酔の針をさすときに生まれる痛みを緩和させることにあります。「表面麻酔」をおこなうと、注射針をさしても「痛い」という感覚はほとんど生まれません。

2)ゆっくり麻酔液を入れる
麻酔の針が刺さる痛みを抑えても、麻酔薬を注入する際の痛みを抑えなければ意味がありません。その痛みは、麻酔を注入するときの圧力にありました。そこで、長年の診療経験を活かしたテクニックで圧力をコントロールしながら、ゆっくりと麻酔を注入します。

このように、麻酔をおこなう際の痛みを解消すれば、その後の治療は麻酔の効果がありますから、痛みを感じることはないのです。


トップへ » 当院の治療の特徴 » 痛みの少ない治療


PAGE TOP