トップへ » 治療について » 歯周内科治療 » 歯周病が薬で治る!?

歯周病が薬で治る!?

歯周内科歯周病治療といえば昔から、歯磨き指導、歯石除去などのクリーニングがもっとも基本的な治療です。併せて重症の場合には、外科的な治療も行っていました。

しかし、この基本的な治療をしても、しっかりと歯磨きしても、なかなか思った以上の結果が得られない方も多くいます。歯肉の炎症が取れない。歯肉の腫れや出血・口臭がある、といった症状に悩まされている方も多いことでしょう。

また外科的な処置をして一般的には改善してもすぐに再発する方もいます。

これは従来の治療方法では歯周病の原因菌を一時的には減らせても、完全に取り除くことができなかったためです。

歯周病は、歯周病菌により発症するため、原因である菌を特定し、その菌を退治することが大切です。「薬を使った歯周内科治療」でようやくそれが可能になりました。いったい、どのような治療法なのでしょうか。「位相差顕微鏡検査」と言われる、歯周病の検査がそのキーワードです。

<歯周内科治療のメリット>
●お薬による内科的治療なので、精神的・肉体的負担が少なく、治療に伴う痛みがない。


トップへ » 治療について » 歯周内科治療 » 歯周病が薬で治る!?


PAGE TOP