トップへ » 治療について » 歯周内科治療 » 当院の歯周病治療の特徴

当院の歯周病治療の特徴

歯周病とは、歯の周囲組織(歯周組織)の病気の総称で、歯周炎・歯肉炎のことをいいます。虫歯とともに、「歯科2大疾患」とも言われています。

歯周内科治療35歳以上では80%の人がかかっていると言われる歯周病は、進行すると徐々に歯を支えている骨(歯槽骨)がとけて歯がぐらぐらになり、ついには抜けてしまうという慢性疾患です。
歯周内科治療

また初期段階では自覚症状がほとんどありません。逆に、自覚症状がでる頃にはすでに、かなり進行しているケースが多いのです。そこで、早期治療、そして再発防止の為の長期管理が重要になります。

歯周病が恐いのは、ご自分の歯を失うだけではないということにあります。最近の研究では、さまざまな全身の病気とも深い関わり合いがあることがわかってきました。歯周病の原因菌が脳卒中、低体重児(早産)、肺炎、心臓病、糖尿病等の全身的な病気と関連することがわかってきています。


トップへ » 治療について » 歯周内科治療 » 当院の歯周病治療の特徴


PAGE TOP