トップへ » 治療について » 予防歯科・クリーニング » 担当の歯科衛生士がつくようにしています

担当の歯科衛生士がつくようにしています

一人の患者さんに対し、一人の歯科衛生士が口腔内ケアをとっています。

予防歯科担当衛生士制の良いところは、患者さんとコミュニケーションがしっかりと取れることから、患者さんのお口の状態をしっかりと把握でき、少しの変化も見逃さないことです。

歯科衛生士というと「治療のアシスタント」と思われがちですが、そうではありません。衛生士の仕事は、

●虫歯や歯周病にならないため生活習慣の環境管理
●予防処置としてセルフケア指導やPMTC(歯のクリーニング)
●歯周病治療のためのスケーリング(歯石の除去)

を担当する、プロフェッショナルな仕事です。

※治療方針の決定や最終的な判断は院長が責任を持って行います
※アポイント時間により、担当が代わることもあります


トップへ » 治療について » 予防歯科・クリーニング » 担当の歯科衛生士がつくようにしています


PAGE TOP