トップへ » 治療について » インプラント治療 » インプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

インプラント治療をおこなう場合のプロセスを次にご紹介しましょう。

【1】カウンセリング
患者さんに不安があれば、それを解消しなくてはいけません。悩んでいる点があれば、まずお聞きしなければなりません。カウンセリングなくして、治療を始めることはできませんし、患者さんにとって適正な治療もおこなえません。適正な治療はカウンセリングから始まるといえます。

まず、インプラント治療とはどういうものなのか、ていねいに説明します。また、現在のお口の状態、お悩み、ご希望があれば、お聞かせいただきます。初歩的なことから専門的なことまで、遠慮なくお聞きください。
下へ

インプラント【2】精密検査・診断
インプラント治療に必要な各種検査、診査を行います。ご希望があればレントゲン撮影をおこなった上で、インプラントにかかる期間や方法、費用などについてご説明いたします 。
下へ

【3】インプラント治療の計画の説明
様々な検査とCT画像による、正確な骨の形状を把握します。その上でインプラント治療の計画を立て、本数、治療にかかる期間、費用などを分かりやすく説明させていただきます。その際には、治療に伴うリスク、治療後の保証やメンテナンスなどについても詳しく説明いたします。
下へ

【4】手術前の処置
インプラント治療を開始するにあたって、まずお口の中の環境を整えます。これは非常に大切な処置で、インプラント手術成功の重要なカギとなるものです。
下へ

インプラント【5】インプラント埋入手術
インプランを埋め込む手術を行います。本数にもよりますが、手術時間は1時間程度で終了します。なお、日常生活での大きな制限やお仕事をお休みいただく必要はありませんのでご安心ください。
下へ

【6】インプラントを定着させるための保定期間
埋入したインプラント体が定着するまでの目安は、上の顎で4~6か月、下の顎が2~3か月程度とお考えください。
下へ

【7】土台の装着と人工歯の製作
埋入したインプラントに人工の歯を接続するためのアバットメント(土台)を装着し、最終的に装着する歯を製作します。当日は、仮歯を装着して帰ることができます。
下へ

インプラント【8】歯の装着
インプラントが顎にしっかり固定されたら、最終的な人工歯を取りつけます。
下へ

【9】経過観察・メンテナンス
装着した歯の状態を確認します。頬などをかむことがないか、話にくくないか、などをチェックします。同時に、今後の歯磨きの仕方も指導します。しっかりとしたメンテナンスで末永くインプラントを利用し、健康な日々をお過ごしいただきたいのです。


トップへ » 治療について » インプラント治療 » インプラント治療の流れ


PAGE TOP