トップへ » 治療について » 審美歯科 » 歯をほとんど削らずに歯を美しく【ラミネートベニア】

歯をほとんど削らずに歯を美しく【ラミネートベニア】

歯の表面をわずか約0,5~0,7ミリほど削り、表面にラミネートベニアと呼ばれるネイルチップのような薄いセラミックスの歯を接着させる方法で、麻酔を使わずにできる治療法です。歯の色調の改善だけでなく、わい小歯(先天的に小さな歯)でお悩みの方もご相談ください。

ラミネートベニア
すき間のある前歯や変色、欠けたり折れたりしている歯を美しく取り戻すのに最適です。

ラミネートベニアは、自分の歯を少し削る必要がありまが、歯のホワイトニングよりも白くなります。また、少しの歯並びの修正であれば、矯正を行なうよりもはるかに短期間(2回程度)で治療がおこなえます。

全く削らない治療をご希望の場合は、歯列矯正をお薦めします。特に今はマウスピースで行う矯正なども進歩してきています。どうぞ、お気軽にご相談ください。


トップへ » 治療について » 審美歯科 » 歯をほとんど削らずに歯を美しく【ラミネートベニア】


PAGE TOP