トップへ » 治療について » 義歯(入れ歯)治療 » ノンクラスプ義歯

ノンクラスプ義歯

ノンクラスプ義歯とは、目立つ金具(クラスプ=鉤)を使わない部分入れ歯のこと。 素材は柔らかく、大きく曲げても割れることはありません。素材は歯茎と同じピンク色なので、 装着していても目立たないのが特徴です。

入れ歯<ノンクラスプ義歯のメリット>
◆金具がないので見た目がスッキリ
入れ歯とは気付かれにくいノンクラスプ義歯の見た目は、とても大きなメリットでしょう。別名、エステティックデンチャーと呼ばれるのもうなずけます。若い人や、見た目が気になる患者さんには特に好評です。

◆違和感が比較的少ない
非常に軽く、柔らかい性質を持っていて、金具が無く、すっきりしているので、装着感も普通の入れ歯と比較して違和感が少ないです。落としたり、少し手荒に扱っても、壊れることが少ないのもメリットです。

◆費用が比較的リーズナブルであり、その点も人気の理由の一つでしょう。


トップへ » 治療について » 義歯(入れ歯)治療 » ノンクラスプ義歯


PAGE TOP