トップへ » 治療について » 虫歯治療

痛みが少なくできるだけ削らない治療

虫歯

当院ではできるだけ負担の少ない治療をモットーに、できるだけ削らず痛みの少ない治療を行なっております。詳しくは以下のページをご覧ください。

痛みの少ない治療について詳しく知る
なるべく削らない治療について詳しく知る

虫歯の進行具合と治療方法

あなたの症状は、どの段階ですか?症状から虫歯の進行をチェックしてみてください。

虫歯小さな穴が...、でも痛みはない
虫歯が、歯の表面を覆っているエナメル質を溶かし、小さな穴ができた状態です。まだ象牙質に達していないので、痛みがないのです。痛みをあまり感じることがないため、つい放置しがちです。この後、症状がどんどん進行してしまいます。早期の対応が望ましいでしょう。

<治療方法>
虫歯の部分を必要最小限削り、白い詰め物(コンポジットレジン)をして終了です。処置が軽くてすむ間に、なるべく早期の対応を。

虫歯冷たい物や甘い物を食べた時しみる
虫歯がエナメル質の下の象牙質まで進んでいる状態です。そのため、冷たいものや甘いものがしみることがあります。触ると痛みを感じるため、治療の際には麻酔が必要です。

<治療方法>
虫歯の範囲が小さければ、白い詰め物(コンポジットレジン)を入れて完了です。虫歯が深く広がっている時は、麻酔をかけて患部を削り、詰め物(インレー)や被せ物(クラウン)を製作して装着することになります。

虫歯激しい痛みを感じる
虫歯がエナメル質と象牙質を溶かして、神経まで達しています。激しい痛みを感じる場合も多く、神経が死んでしまうと細菌が根の外で炎症を起こし、膿が出たり、歯ぐきが大きく腫れたりします。

<治療方法>
麻酔をして、壊死した神経や膿を取り除き、根の中の汚れをきれいに取りのぞきます。その後、被せ物を装着することになります。状態によっては、抜歯の可能性があるので要注意。

覚えておいて欲しいのは、「虫歯は進行する」病気だということ。早めに治療すれば、歯はその分長持ちさせることができます。早めに治療すれば、治療の期間も痛みも、治療費も少なくてすみます。
お口の健康を維持するためには、きちんとしたケア、予防が大切です。それには、定期検診を受けて、お口の中の健康を保てるよう心がけましょう。


トップへ » 治療について » 虫歯治療


PAGE TOP