トップへ » 治療について » 予防歯科・クリーニング

予防歯科について

歯科治療をしていて、とても残念なことが1つあります。それは、「歯医者さんは、歯が痛くなってから行くところ」と考えている方々が、まだまだいらっしゃることです。

予防歯科

その一方で、「痛くなったら治療する」のではなく「お口の健康を維持する」ことを目的として、定期的に来院される患者さんも増えています。

次のような方には、予防歯科をとくにおすすめしたいと思っています。

・「治療をしたはずの歯が悪化してしまう」
・「ブラッシングをしているのに虫歯になりやすい」
・「口臭が気になる」

予防歯科のメリット「なくした歯は元に戻りません!」

予防歯科のメリット虫歯や歯周病を予防することの第一歩。それは、毎日の正しい歯磨きをおこなうこと。ご自分の歯にきちんと関心を持ち、日頃のケアへの意識を高めていくことです。予防歯科のメリットは実に大きなものです。ぜひ、次を読んで歯の健康管理に役立てましょう。

虫歯や歯周病を未然に防ぐ
日頃のメンテナンスは、歯の健康維持・病気の早期発見につながる大切なものです。身体の健康診断を定期的に受ける方は多いはず。同じように、予防歯科で定期的にチェックを受けて虫歯や歯周病を予防しましょう。かけがいのない大切な歯をいつまでも健康に維持することへとつながります。

治療の痛み・費用を低減する
歯痛ほど不愉快で人を不機嫌にさせるものもないでしょう。勉強や仕事も手につきません。もし、虫歯や歯周病になってしまっても、定期的なメンテナンスでチェックを受けていれば、痛みや症状がひどくなる前に発見・治療することができます。早期に治療を受けることは、治療期間も短くてすみますし、費用も抑えられます。心理的な負担も経済的な負担も軽い方が良いですよね。

治療ではなく、お口のお掃除と思って
歯や歯茎をキレイにすることで、お口の中は本当に爽快になります。お口の中がサッパリとして、とても気分の良いものなのです。この気分の良さを味わうために、「歯のエステ」感覚で歯科医院に通う方もいらっしゃるのです。

逆に、この爽快感が通常の感覚になると、お口の中の汚れに敏感になれます。汚れに敏感であれば、口内ケアについての意識も自然と高まり、健康を維持することができるのです。

大切なのはお口の中の清潔を保つこと。歯科医院でのプロフェッショナルケアは、頻繁におこなう必要はありませんから、通院が苦痛になることもありません。普段からのセルフケアに加えて、プロフェッショナルケアをすれば、思いのほか良好な口腔環境を保てます。

こうしたお口のクリーニングやケアを予防歯科と呼びますが、当院ではベテラン歯科衛生士が、みなさんのお口のケアをサポートするためにスタンバイしています。

予防歯科メニュー

当院では、虫歯や歯周病にならないための効果的な予防方法についてご説明し、治療後のお口の健康もしっかりとサポートしています。

では、当院の予防歯科メニューをご紹介しましょう。

【PMTC】専門家による歯のクリーニング
PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とは、歯科衛生士が専用の器具を用いて、歯に付着した細菌膜(バイオフィルム)や、ヤニ・ステインを除去するクリーニングです。痛みはまったくなく、施術中に眠ってしまう方もいるほどです。

予防歯科メニューPMTCが有効なのは、歯の表面はもちろんですが、深刻な歯周病を招く歯と歯肉の境(1〜3mm程度の溝)の汚れまで除去することができることです。タバコのヤニやコーヒー、ワイン、茶渋など着色が気になる方や、口臭の気になる方にお勧めです。また、歯面がツルツルに磨かれることによって汚れがつきにくくなり、口臭を予防する効果もあります。

2〜3ヶ月に1度のPMTCで虫歯や歯周病の予防ができ、お口の健康を保つことができます。ぜひ一度、当院のPMTCをお試しください。

【スケーリング】気になる歯石を除去する
「スケーリング」とは、歯肉や歯周ポケットから歯垢や歯石などを除去することです。お口の健康を保つのに有効です。

歯の表面に付着した汚れのほとんどは、実は日々の歯磨きで落とせます。でも、一度ついてしまった「歯石」は簡単には除去できず、自分でムリヤリ取ろうとすると危険でもあります。

また、歯石には「歯垢」が付着しやすく、虫歯へのリスクは高まり、広がれば歯周病の原因にもなります。

歯石の除去は1度おこなえば、2度と付着しないというものではありません。定期的なメンテナンスが必要ですが、3〜6ヶ月に1回ほどの来院で充分なので、負担になるようなものではありません。

担当の歯科衛生士がつくようにしています

一人の患者さんに対し、一人の歯科衛生士が口腔内ケアをとっています。

予防歯科担当衛生士制の良いところは、患者さんとコミュニケーションがしっかりと取れることから、患者さんのお口の状態をしっかりと把握でき、少しの変化も見逃さないことです。

歯科衛生士というと「治療のアシスタント」と思われがちですが、そうではありません。衛生士の仕事は、

●虫歯や歯周病にならないため生活習慣の環境管理
●予防処置としてセルフケア指導やPMTC(歯のクリーニング)
●歯周病治療のためのスケーリング(歯石の除去)

を担当する、プロフェッショナルな仕事です。

※治療方針の決定や最終的な判断は院長が責任を持って行います
※アポイント時間により、担当が代わることもあります


トップへ » 治療について » 予防歯科・クリーニング


PAGE TOP