トップへ » 治療について » 義歯(入れ歯)治療

当院の義歯の特徴

抜けた歯を取り外し式の「入れ歯」で補う治療が「義歯治療」です。

通常固定式のブリッジやインプラント治療が可能な場合はそちらを選択しますが、そうでない場合は義歯治療が選択肢になります。

入れ歯

当院の入れ歯作りの特長は、残っている歯を大切にした義歯作りをすることです。できるだけ歯や歯ぐきに負担がかからない治療を行っています。

入れ歯を使う人がいかに美味しく、いかによく噛めるようになれるか。しかも、見た目もスッキリした、動揺のない入れ歯を目指しています。

当院は、この義歯作りには定評をいただいており、患者さんに自信を持って提供することができます。

このページでは、通常の保険治療では扱えない、特殊な材料・精密な加工で作る保険外義歯のいくつかをご紹介いたします。

入れ歯

金属床の義歯(コバルトクロム・チタン・金)

入れ歯の土台のピンク色の部分は、レジンというプラスチックでできていますが、金属床とはそのレジンの多くの部分を金属に入れ替えた義歯のことです。

使用される金属はコバルトクロムやチタン・金で、当然プラスチックよりも丈夫で、壊れにくくなっています。また、薄くすることができるため違和感の少ない義歯になります。

義歯総義歯・部分義歯ともに、金属床のものがあります。上の総入れ歯は上あごの部分に金属を使用し、下の入れ歯は内側の舌にあたる部分を金属で制作します。

部分入れ歯の場合、入れ歯の骨組みとなる部分が金属でできていて、それに付随して入れ歯を維持する金具も付いています。金属床に使用される金属の主なものには、金、チタン、コバルトクロムなどです。

<金属床のメリット>
●薄く作製できるので、違和感が軽減できる
●お口の中の粘膜に触れる部分が金属でできているため、食べ物や飲み物を口の中に入れたときに温度が伝わりやすいため、おいしく食事をすることができる
●汚れが付着しにくく、清潔に使用することができる
●耐久性に優れている(10~20年の使用も可能)
●より精密に加工できるため、残っている歯に対する負担が少ない

義歯<各種金属床の特徴>
●標準的なコバルト・クロム床
●軽くて丈夫・アレルギーも少ないチタン床
●ゴージャスで口当たりもよい金床

ノンクラスプ義歯

ノンクラスプ義歯とは、目立つ金具(クラスプ=鉤)を使わない部分入れ歯のこと。 素材は柔らかく、大きく曲げても割れることはありません。素材は歯茎と同じピンク色なので、 装着していても目立たないのが特徴です。

入れ歯<ノンクラスプ義歯のメリット>
◆金具がないので見た目がスッキリ
入れ歯とは気付かれにくいノンクラスプ義歯の見た目は、とても大きなメリットでしょう。別名、エステティックデンチャーと呼ばれるのもうなずけます。若い人や、見た目が気になる患者さんには特に好評です。

◆違和感が比較的少ない
非常に軽く、柔らかい性質を持っていて、金具が無く、すっきりしているので、装着感も普通の入れ歯と比較して違和感が少ないです。落としたり、少し手荒に扱っても、壊れることが少ないのもメリットです。

◆費用が比較的リーズナブルであり、その点も人気の理由の一つでしょう。

マグネット義歯

超小型のマグネット(磁性アタッチメント)を利用して、入れ歯を安定させる方法があるのをご存知でしたか? 残っている歯と入れ歯に磁石を埋め込み、その磁石の力によって入れ歯を安定させるのが「マグネット義歯」です。歯の根っこが残っていれば、マグネットを入れることができ、 入れ歯を安定させることができるようになっています。

入れ歯金具でささえる入れ歯では、残っている歯が少ない場合に、入れ歯を支えている歯に負担がかかり、すぐに総入れ歯になってしまう可能性があります。磁石を使った入れ歯なら、残っている歯への負担が少なく義歯の維持安定ができるので、非常に有効です。

また、その歯がやがてダメになり、抜くことになっても、簡単に修理ができる利点もあります。


<マグネットデンチャーのメリット>
◆装着・取り外しが簡単
金属や複雑なしかけのないシンプルな構造なので、装着と取り外しがとても簡単にできます。

◆ピッタリ固定できる
小さくても強力な磁石の力で吸着し、入れ歯が落ちたり、口の中がガタつくことが少ないです。

◆お手入れが簡単
シンプルな構造になっているので、お手入れなどのメンテナンスも簡単です。


トップへ » 治療について » 義歯(入れ歯)治療


PAGE TOP