トップへ » 治療について » 疑問・質問にお答えします

妊娠すると歯ぐきから出血が多くなるのはなぜ?

妊婦.jpg妊娠中に歯ぐきから出血する妊婦さんが少なくありません。
その多くは歯肉炎(歯周病)が原因です。

歯肉炎(歯周病)は歯に付着した歯垢の中の細菌によつて歯ぐきが
炎症を起こしている状態です。

妊娠中はつわりの不快感でブラッシングがおろそかになりやすく、
またストレス解消のため間食が増え、歯垢が溜まりやすくなります。

また、女性ホルモンの影響で唾液の分泌が変化することもあり、
唾液による口腔の自浄作用が低下し、口腔内が不潔になりがちです。

さらに歯周病の病原菌は女性ホルモンを「栄養」にして増殖するという
研究もあります

近年の調査では、歯周組織の健康状態の悪い妊婦さんは早産や低体重児が
生まれる確率が高いことが明らかになっています。

いづれにせよ 妊娠中は歯周病のリスクが高まるため、意識的に、
ブラッシングやデンタルフロスで口腔内を清潔に保つことが大切です。

治療後に歯が「しみる」のは?

治療後に歯がしみるのは

虫歯治療でインレー・クラウンなどの補綴物(ほてつぶつ=詰めもの、被せもの)を
歯に装着した後に、しみたり違和感がでることがあります。

「しみる」原因は、歯髄(歯の神経)が刺激されるためです。
特に温かいものや冷たいものを飲食すると、熱を伝えやすい
金属製のインレーやクラウンではよく「しみる」ようです。
重度のむし歯で歯髄に近いところまで、削った歯ほど刺激に敏感になります。

ところが、人間の体はよくできたもので、「しみる」症状も徐々に和らいでいきます。
歯が、歯髄を守ろうとして新しい象牙質を形成し、刺激を緩和するためです。

「しみる」のがおさまる期間は、個人差がありますが、インレーやクラウン装着後、
数週間~数ヶ月で自然に解消することがほとんどです。

また 補綴物の「かみあわせ」があってない場合も「しみる」原因のときがあります
この場合は 噛み合わせを調整するとよくなります。

それでも、「しみる」のが解消されない場合には、別の原因も考えられまので、
一度ご相談下さい。


トップへ » 治療について » 疑問・質問にお答えします


PAGE TOP