«  2019年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2019年9月 5日


 こんにちは 歯科アシスタントの八城です

 今回は 義歯洗浄剤「ピカ泡クール」を ご紹介いたします

義歯用泡ハミガキ「ピカ泡クール」のご紹介です1.jpg

 現在 入れ歯(義歯)を使用されている方、あるいは 矯正治療で床矯正装置を
使用されている方はその汚れに敏感で お手入れに感心が高いことと思います

 従来型の義歯洗浄剤は 多くが 長時間その中に浸けておくタイプですが、
この「泡クール」は 入れ歯・装置にワンプッシュして 歯ブラシで洗い流す
タイプになっています

 特に床矯正の装置は外しておく時間が少ない為 ささっと洗い流せて清潔に
保てる優れものだと思います

義歯用泡ハミガキ「ピカ泡クール」のご紹介です2.jpg

 効果・特徴は(メーカー発表のものです)

① きめの細かな泡が入れ歯や装置の汚れを浮かします
② 泡切れが良くお手入れ後のすすぎが楽です
③ 99.9%の除菌効果
④ 爽やかなミントの香りが口中にひろがります
⑤ 押しやすく扱いやすいポンプ式ボトルになっております


 一度お試し如何でしょうか?

 ご入り用の方は受付までご用命下さい。

 価格は ¥1200(税込)/本 です




虫歯・歯周病でお悩みなら「岡田歯科医院」

>>岡田歯科医院公式サイトはこちら

2019年8月23日


 こんにちは(^O^)  歯科助手の波多野です


 今日のお話は、一般的に差し歯と言われている人工歯(クラウン)、
その中にある土台になる部分のお話です

 この土台のことを 「ポストコア」(或いは 単に「コア」)と呼びます


 これは、虫歯や外傷によって歯冠の大部分が失われ、根っこだけが残った状態
の歯に作ることが多いです 素材は通常 金属(銀合金など)やレジン
(プラスチック)が使われます

 こうして作ったコアの上に 最終的な人工歯(クラウン)を被せるのが 
一般的です

「コア」のお話1.jpg

 この「コア」を、歯にセットした後の注意点が2点あります。

まず、1つ目は...

☝🏻 セット直後30分は付けたところなので、その歯を使わない(噛まない)
   様にして下さい 接着剤が 充分に硬化せず安定していません

2つ目は...

☝🏻 最終的な人工歯(クラウン)が装着されるまでは、その歯を積極的には
   使わない様にして下さい万が一 外れてしまったりする原因になります⚠️


 これらの注意点に気をつけて過ごして下さいね٩(^‿^)۶

「コア」のお話2.jpg




虫歯・歯周病でお悩みなら「岡田歯科医院」

>>岡田歯科医院公式サイトはこちら

2019年8月10日

こんにちは!歯科衛生士の吉川です。

8月も半ばに入ってきましたね!
猛暑の日が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか。

暑さで体力が奪われる毎日ですが、お洗濯物がよく乾くのは嬉しいなぁ〜
なんて思いながら過ごしています(^_^*)♪

さて、先日、午前中に診療室に「セミ」が侵入(゚o゚;;

診療室にセミが侵入!1.jpg

一体 どうやって入ってきたのか? 患者さんにくっついてきたのかも?
とか いろいろ話しながら スタッフが捕獲を試みるも、

診療室にセミが侵入!2.jpg

↓脱走・・・

診療室にセミが侵入!3.jpg

この後も セミ vs スタッフ一同で「格闘」するも捕獲ならず・・
そのままお昼休みへ。。

 
お昼休みが終わり、セミがどうなったか聞くと、大西主任が素手で(!)
ヒョイっと捕まえ外に 逃がしたとか!!

さすが、2人の男の子を育て上げただけあります。。

大西主任のおかげで平穏な診療室に戻り感謝の1日でしたっ(^_^*)♪(笑)

診療室にセミが侵入!4.jpg




虫歯・歯周病でお悩みなら「岡田歯科医院」

>>岡田歯科医院公式サイトはこちら

2019年8月 1日

プロトコールテーブルマナー講座1.jpg

 先日 お友達と一緒に 「プロトコールテーブルマナー講座」に
行ってまいりました

 会場は 東京・赤坂の 旧赤坂プリンスホテルを改装した
「赤坂プリンスクラシックハウス」です

講師は このプロトコールマナーの達人 加藤淳子先生です
先生は インターナショナルプロトコールマナー講師として
国内にとどまらず 海外でもグローバルに活動中です

 この「プロトコールマナー」とは「国際儀礼」のことです
様々なお国によって マナーは千差万別 そこで出来たのがプロトコール
マナーなのだそうです

 今回は 前半が マナーの歴史と 洋食のマナーについての講義で
後半が ランチコースを頂きながらの 実践編でした

 下の写真は その時の 加藤先生と私 右は当日のランチメニューです

プロトコールテーブルマナー講座2.jpg

 テーブルマナーの歴史のお話では イタリアのメディチ家や 
フランス宮廷のお話に遡り 以前観ていた テレビの海外ドラマ
「クイーンメアリ」や「イザベル・波乱のスペイン女王」のお話などが
役に立ち 面白かったです

 普段疑問に思っていたマナーについて、そうだったのねと納得したり、
やっぱりねと自信を持ったりと、とても面白くて、アッと言う間の2時間半でした

 その中でも 1番印象に残ってるのは、洋食を頂く時は、
ほんの少しづつ食べる ということ

 口いっぱいにほうばっていると、会話が出来ないからです
会話しながら いつの間にか食べ終わっているというのがスマートな
食べ方なのだ ということがとても印象的でした

プロトコールテーブルマナー講座3.jpg



虫歯・歯周病でお悩みなら「岡田歯科医院」

>>岡田歯科医院公式サイトはこちら

2019年7月20日

バイオフィルム公国物語を読んで1.jpg

 こんにちは 歯科助手の鳥越です

 最近 私は 院長先生に勧められて「バイオフィルム公国物語」という
絵本(といっても 大人向けの本ですが)を読みました

 今回は この絵本の内容の簡単なご紹介と 私の感想を綴ってみます

 お話は 物語の主人公が 旅の途中 ある国(バイオフィルム公国)
にたどり着いたところから始まります 

バイオフィルム公国物語を読.jpg

 そして主人公が 公国で見た様 出来事などを記述しながら 歯周病について 
口腔内で何が起こっていて、どうなっていくのかを 絵本という形をとり 
歯周病菌たちを擬人化することで、面白く わかりやすく 歯周病が理解できる本
になっています

バイオフィルム公国物語を読んで9.jpg

 因みに著者は 講演会でも面白い語り口で人気の 天野敦雄大阪大学歯学部教授
です

■ まず初めに「バイオフィルム」とは何なのか

それはこの本にも書かれているように、様々な細菌達が織り成す
ミクロの共同体であり、その中に私たちに馴染みのある虫歯菌や歯周病菌がいます。

 バイオフィルムを取り除き ちゃんと口腔内を綺麗にすればなにも起きません。
しかし、口腔内をしっかり手入れしないと菌が暴れ出し、悪さを始めます。
どれだけ口腔内を綺麗に保てるかそれがカギだと思います。

バイオフィルム公国物語を読んで3.jpg

 この「絵本」には 本文とともに(左下に)「解説文」が 載っており
ストーリー理解に必要な キーワードが解説されています

■ 次に本書の目的でもある歯周病について

 歯周病は歯肉炎と歯周炎の総称であり バイオフィルム内の歯周病病原細菌
によっておこります

 そして歯頚部に磨き残しがたまり、歯垢=バイオフィルムが付着してくると
炎症が起こり、歯と歯肉の間に隙間ができ、歯周ポケットが深くなります

 さらに手入れを怠ると、炎症が進行して出血が酷くなり(本書では鉄の採掘)
最後には歯が抜けてしまうこともあります

 歯周病菌は1本だけを侵食するのではなく、お口全体を侵食します。
となると歯周病菌がいなくなるのは歯がなくなるその時となります。
(本書を最後まで読めばわかりますが 実はそれでも歯周病菌は
生き延びているのです!)

 またお酒やタバコは歯周病を悪化させます。
アルコールは歯肉を弱らせ、ニコチンはバイオフィルムを固くします。
細菌に対して好都合なのです。

■ 歯周病の予防について。

 お酒は適度にし、禁煙すること。そして歯科医院での定期健診を受け、
歯科衛生士さんから 正しい歯磨きが出来ているか診てもらう。

 細菌だからといって抗生物質で治るものではありません。歯を残せるかどうかは
自分次第です。

 この先自分のために 少しめんどくさくても、口腔内を綺麗にしていくことが
大事だと思います。

バイオフィルム公国物語を読んで4.jpg

 では最後に なぜ「バイオフィルム『公国』」で 「バイオフィルム『王国』」
ではないのか? と思った方もいるかと思います(私がそうでした)

 これを理解するためには 本文中にも出てくる「レッドコンプレックス」について
知る必要があります(少しややこしいですが おつきあいください)

バイオフィルム公国物語を読んで5.jpg

 レッドコンプレックスred complexとは 口腔(こうくう)内に常在する細菌のうち、
歯周病の発症にもっとも関連が深いとされる菌種群のことです

・ ポルフィロモナス・ジンジバリス(P.g.菌)、
・ トレポネーマ・デンティコーラ(T.d.菌)、
・ タンネレラ・フォーサイセンシス(T.f.菌)

 の3菌種が レッドコンプレックスと呼ばれ、重症な歯周病を引き起こす
もっとも危険な菌種であるとされています

 歯科領域ではおよそ700種以上ある口内の常在菌を、歯周病の原因と関連の
深い順にピラミッドとして模式図化して表しています

・ レッドコンプレックスは その頂点に位置する菌種群で、その下層に
・ オレンジコンプレックス、 最下層に
・ ブルー、パープル、グリーン、イエローコンプレックス

 の常在菌群が配置されています 

絵本では それぞれが公国の「種族」として描かれていました

 このように バイオフィルム公国には 絶対的な国王はいなくて 
多種ある種族(菌種)の内 一番の有力貴族である「ジンジバリス家」の当主
カール314世 が 君主についている「公国」になっているという訳です

バイオフィルム公国物語を読んで8.jpg

 「バイオフィルム公国物語」は 待合室の書架に置いていますので 
どうぞ手にとって ご覧ください 

 結構楽しめると同時に 歯周病の知識も深まるとおもいますよ 
またご質問は 遠慮なく 歯科衛生士もしくは院長先生まで!


バイオフィルム公国物語を読んで10.jpg

2019年7月 4日

「頼れるドクター」編集部の山下嬢がご来院 1.jpg

院長の岡田です

先日 雑誌「頼れるドクター」編集部の山下嬢が来院されました
昨年「ドクターズファイル」に当院が掲載された縁で 
次号「頼れるドクター(チーム医療特集)」
取材打ち合わせのためでした

山下嬢は当院は初めてで 聞けば最近 東京本社から関西支社に
転勤になったばかりだそうです
さらになんと大学は東京藝術大学・音楽学部出身というから
オドロキです とんでもない才媛だったのですね

おかげで藝大ネタの 楽しいお話をたくさん聞くことができました

もちろん記念写真も撮らせていただきました(冒頭写真)

「頼れるドクター」編集部の山下嬢がご来院 2.jpg




虫歯・歯周病でお悩みなら「岡田歯科医院」

>>岡田歯科医院公式サイトはこちら

2019年6月24日

歯科衛生士の吉川です1.jpg

初めまして。 歯科衛生士の吉川です。
今年(2019年)から岡田歯科医院の一員になりました。

京都府宇治市出身で、趣味はゴルフ(目指せ120切り!)と
お笑い番組を観ることです。

患者様がご自身の歯で食事を楽しみ、笑顔で過ごせるよう
私のこれまでの経験を活かし、これからも勉強を積み、
患者さんに教えていただきながら、お手伝いさせていただきます。

よろしくお願いいたします




虫歯・歯周病でお悩みなら「岡田歯科医院」

>>岡田歯科医院公式サイトはこちら

2019年3月 9日

事務長の岡田です 時々4コマ漫画も描きます

今回はその第1弾「怖いおネーチャン」です

事務長4コマ漫画劇場①「怖いおネーチャン」1.jpg

時々 連載しますので お楽しみください

事務長4コマ漫画劇場①「怖いおネーチャン」2.jpg




虫歯・歯周病でお悩みなら「岡田歯科医院」

>>岡田歯科医院公式サイトはこちら

2019年1月19日

院長の岡田です

先日 ふと こんな記事が目にとまりました

「歯磨きとフロス、どちらを先にすべきか?」

なんて どっちでもい~じゃん とか そんなの歯磨きが
先に決まってるでしょ~ とか思ったりしましたが
特に データや根拠がある訳ではありません

歯磨きとフロス、どちらを先にすべきか?1.jpg

ただ何となく 歯磨き→歯間ブラシ→フロス の順番の方が
効率が良いのでは? と思っていて 毎日そうしていました 
多くの人がそうではないでしょうか?(知らんけど)

歯磨きとフロス、どちらを先にすべきか?2.jpg

そもそも そんなことを調べる人なんておれへんわ~
と思っていたら 実験した人がいたんですね!

ここからは その記事(Dental Toribune USA)からの抜粋です

---

フロスを歯磨きの前に行うことが最も効果的に歯垢を除去する理想的な
順序であることが研究者らによって示されたと 米国歯周病学会誌で
報告された。

「ブラッシングとフロッシングの順序が 歯間部の歯垢減少とフッ化物
の維持に与える影響」というタイトルのこの試験では 25名の参加者に
対して
 
 ① 歯ブラシで歯を磨き、次にデンタルフロスを使って歯間空隙
   を清掃するように依頼した群と

 ② フロスを使った後に 歯ブラシで歯を磨くよう依頼した群 

とを比較した実験で 全般的に歯間、口腔内の歯垢の量は 
②の「フロス→歯ブラシ」の群で 有意に減少したことを明らかにした。

研究者らは、フロッシングは 歯間の細菌残屑を解きほぐすため、
次に歯磨きを行うと(口内を水ですすぐ際に)これらの粒子を
さらに口内から取り除くことができると主張した。

---

歯磨きとフロス、どちらを先にすべきか?3.jpg

だそうです 詳しい数値やデータはこの記事には載っていませんでしたが
結論は「フロスを使った後に 歯ブラシで歯を磨く」のが 効率的だとのこと
ちょっと意外でしたか?

歯磨きとフロス、どちらを先にすべきか?4.jpg

2019年1月12日


 受付の大西です 本年もよろしくお願いいたします

さて 今回のテーマは「紹介カード」です。 

いわゆる「医院カード」は お知り合いの方に当院をご紹介いただく際に
便利なように 従来より作成して 受付カウンターの上に置いております。

 今回の「紹介カード」は これとは違い 当院で自費治療を選択された
患者さんに その治療の良さを必要とされている方に ご紹介いただける
ようお渡ししているもので 昨年(2018年)末より 運用し始めました。

「紹介カード」1.jpg

「医院カード」が 当院をご紹介いただくカードに対して「紹介カード」は
自費治療(保険外治療)をご紹介いただくカードということになります。

「紹介カード」をお持ちになってご来院された患者さんが「自費治療」を
選択されますと、5000円を割引させて頂きます。

 また、この場合 ご紹介して頂いた患者さんにも、次回以降「自費治療」を
される際には、5000円割引の対象になります。


 ここで改めてご説明いたします
歯科治療には、「保険治療」と「保険外治療」(自費治療)が有ります。

「自費治療」では、歯の修復物(詰め物、冠など)に「セラミック」や
「ゴールド」等 保険治療では使えない材料を使ったり、義歯(入れ歯)に、
「ノンクラスプデンチァー」(=金具のない義歯)等を作成したりする事が
できます。
 歯並びの気になる方が行う「矯正治療」(床矯正も含む)も自費治療です。

「保険治療」とは違い、料金は やや高額にはなりますが、素材や出来映え
は料金以上の「出来」になっていると自負しております。

 しかし、「自費治療」を勧められても、多少不安は有るのではないでしょうか?

 同じような気持ちで、悩んでいるお知り合いの方がいらっしゃいましたら、
色々と教えてあげて頂けませんか? 実際に「自費治療」をされているお友達
からのアドバイスが、一番の安心感を得られると思います。

 そこで・・

 2018年末より、過去に「自費治療」をされた方に「紹介カード」をお渡し
することになりました。ご相談されたお知り合いの方に 是非この「紹介カード」
をお渡ししていただきたいのです

 患者さんがこの「紹介カード」をお持ちになってご来院された場合、紹介された
方に 5000円の「割引券」を進呈いたします。

 そして紹介された患者さんが自費治療を選択された場合 紹介元の患者さんにも
割引券を進呈いたします。

 この「割引券」を持参されますと選択された「自費治療」から5000円分割引
させていただきます。

 尚、この「割引券」は自費治療以外 例えば 保険診療の窓口一部負担金、
歯ブラシ他の販売品等には 使用できませんので、ご注意願います。

「紹介カード」2.jpg





虫歯・歯周病でお悩みなら「岡田歯科医院」

>>岡田歯科医院公式サイトはこちら

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

岡田歯科医院/院長:岡田正博
岡田歯科医院
院長:岡田正博

<経歴>
昭和59年3月
北海道大学歯学部卒業

平成5年5月
岡田歯科医院(4代目)院長として 現在のピカソ三国ビルにて開業

日本歯科医師会会員

<所属学会・研究会>
日本歯科医学会
国際歯周内科学会
日本歯周病学会
日本口腔インプラント学会
日本化学療法学会
京都インプラント研究会
床矯正研究会
JIP-IU IMPLANT FELLOW

北海道大学歯学部同窓会大阪府支部常務理事